Part-2 参考 完全版
関連動画

マスコミは、アメリカの手先、中国の手先、朝鮮の手先
テレビは洗脳ボックス、テレビの印象操作と暗示効果に注意しよう
マスコミは報道機関でなく世論の誘導機関


spring title

 ライブCDといってもオーディオCDのことではなく、CDからブートするLinuxのことです.
この部屋では数多くあるライブCDの中からこれというものを紹介しています.
さまざまな用途に特化したライブCDの世界をお楽しみください.
なお、ここで紹介しているライブCDは、日本語が使えないものはすべて日本語化(*注意)しましたが、
完璧を期したものではなく、ものによっては甚だ不完全なものもあります.
それも技術力のなさとものぐさからくることなのでご了承ください.
なお、ここはリンクフリーです.

(*注意)この日本語化版は非公式なものです.
当サイトにおいて日本語版とあるのはすべてアンオフィシャル(非公式)な日本語版です.


メールアドレスの変更
 管理人のメールアドレスが2011/9/1から変わりました.
sachs@infoseek.jpの"sachs"が"sach"に変更になっています.
(スパムメールのメールアドレスとして採集されるのを防ぐため、あえてメールアドレスは書きません)


ダウンロードの制限事項(重要)
1人当たり最大5接続とします.
詳しくはこちら...


ダウンロードは高速な理研のミラーを!
 最近は1~4GBもあるDVDサイズのライブイメージが多くなりました.
2GB以上あるisoイメージをうちの低速なサーバーから長時間かけてダウンロードしている
のをみるにつけてもうしわけなく思います.
幸い理研さんがうちのサーバーのミラーをしてくださっています.
うちのサーバーとは比較ができないくらい高速です.
したがって1GBを越えるisoイメージはミラーからのダウンロードをおすすめします.
サーバーの更新は1~2日で反映します.
理研ミラー
http://ftp.riken.go.jp/Linux/simosnet-livecd


ライブCDのカスタマイズサービスの提供
 ユーザー専用のライブCDを作成します.
HDDにインストールすることもできるので、ユーザーの希望や用途にフィットした
専用のディストリビューションを作成します.
個人向けのサービスで料金は格安です. 気楽にお申し込みください.
詳細については管理人宛てメールにてお尋ねください.


サーバースペースの提供サービス
 最近は個人でディストリを作成するのが容易になってきました.
しかし作成したディストリの公開場所に苦労します.
大容量のストレージサービスが使えますが転送量に制限が課せられるところが多いです.
また、GPLに準拠してソースを公開するのに多大の労力を要します.(*1)
そんな人のために当サイトのサーバースペースを無料で提供します.
希望する方は管理人までメールをください.
(メールアドレスは上の「メールアドレスの変更」に書いてあります)
ただし、簡単な審査を行うので利用できない場合はご了承ください.
審査内容
当サイトの主旨に合っているか?
公開する価値があるか?(*2)

(*1)メジャーなディストリ(ubuntu,debian,fedora,slackware,..など)をベースにしているときは
すでにソースがそろっているので全部用意する必要がない.
(*2)余り堅苦しく考えないでまずはチャレンジ


ダウンロードの方法
ライブCDLinux一覧
ライブCD集
過去のニュース
ソースライブラリー

掲示板...掲示板、重要な情報が載ることがあるので時々チェックしてください.
... 古いバージョンをダウンロードするときはこちらから.


ニュース 2014.4.20
Xubuntu 14.04 LTS 非公式日本語 Remix



 XubuntuはXfceデスクトップを備えた中量級ディストリビューションです.
13.10からの変更点は目立ったところではメニューがやや豪華になったところ、
下部のドックメニューをやめたところです.
いたってシンプルなデスクトップは変わりません.

リリースノート


ニュース 2014.4.19
Lubuntu 14.04 LTS 非公式日本語 Remix



 LubuntuはLXDEデスクトップを採用したUbuntuファミリーの中の軽量ディストロです.
XPからの移行に適しています.
今回のバージョンから長期サポート版になります.

リリースノート


ニュース 2014.4.18
Ubuntu 14.04 LTS 非公式日本語 Remix



 Ubuntu 14.04 LTSは2年ぶりの長期サポートバージョンです.
5年のサポートが見込まれます.

リリースノート


ニュース 2014.4.17
Kona Linux 2.3 続報
 CPUがSSE2に対応していない古いPCでもフラッシュを見ることができるようになりました.

作者ホームより
・SSE2を使用しないフラッシュプラグインのサポート(全バージョンで共通)
最近のフラッシュプラグインはSSE2を使うようになっていてSSE2の機能がない
古いCPUでは動作しません。
そこでSSE2を使わない旧バージョンのフラッシュに切り替えられるようにしました。
→設定-フラッシュプラグインの変更
ただし、Blackでは最初からSSE2を使わないフラッシュが有効になっています。


ニュース 2014.4.11
ZorinOS 8 lite 日本語版



 Ubuntu 13.10ベースのZrinOS 8 liteです.
バージョン8はcore版は出てましたがlite版は出ていませんでした.
この時期に出るのはXPのサポート切れによる需要目当てでしょう.
前バージョンの7.1はすでにサポート切れで、14.04ベースになると
予想されるバージョン9はUbuntu 14.04の公開から一ヶ月以上は遅れる
とみられ、その空白を埋めるために急遽作成したと思われます.


ニュース 2014.4.4
 その後、KonaLinux 2.3 blackはちょくちょく修正されているようで、
今日になって決定版として公開されました。
サイズがやや増えて50MBは切れなくなりました.
[注意]4/6にバグなどの修正版が出ています.



作者のホームより、
[2014/4/4の修正内容]
これを決定版とします。
最初にアップしたバージョンとの違いは以下です。
・uimのツールバーを表示するようにした。
(視認性・操作性は良くなった反面メモリー消費が増えて50MBは切れなくなった)
・ログイン設定機能の追加
・背景設定機能の追加
・下部のランチャーを削除しパネルを下に配置
・ダークテーマの採用
・画面上に使用できるショートカットを表示

ニュース 2014.3.29
KonaLinux 2.3 black



 KonaLinux blackは省メモリーをとことん追求したバージョン.
起動時のメモリーは50MBを切ります.(HDインストール時)
右側のスクリーンショットは画面を直接撮影したものでわずかに50MBを切っている.
(Linux上から撮ると50MBをオーバーしてしまう)
以下は作者のホームより

KonaLinux blackは省メモリーを可能な限り追求したバージョンです。
起動時のメモリー消費は50MBを切ります(HDインストール時)
liteを元に作成しましたが、liteとの違いは、

・fcitx-mozcをメモリー消費の少ないuim-anthyへ変更。
ただしトレイ表示もツールバー表示もしません。

・メモリーを食ってるのでpcmanfmのデスクトップ表示(壁紙やポップアップメニューなど)をやめました。

注意事項
HDインストールアイコンがデスクトップにありません。
HDにインストールするにはシステムツールの[Live installer]を起動してください。


ニュース 2014.3.25
KonaLinux 2.3 lite



 KonaLinux 2.3の軽量バージョン.
最近のKonalinuxはアプリを満載したフル機能ディストロになってきましたが、
2.3 liteで従来のような軽量バージョンが登場しました。
isoファイルがCDサイズに収まるのは旧機種にはありがたいことですが、メモリー使用量
も抑えられています.
起動時のメモリー消費は70MBを切っています.(HDインストール時)
旧機種や古いXP搭載マシンからの移行に適しています.


ニュース 2014.3.10
SparkyLinux 3.3 日本語版



 カーネル、各種パッケージを最新にバージョンアップしたSparkyLinux 3.3です.
SparkyLinuxは最新のDebianベースのディストリビューション.
デスクトップがLXDEなので軽量ですが、アプリケーションは完備していて初心者には好都合.
サポート切れ間近のXPからの移行には適したディストリビューションです.

ホーム
Sparkylinux 3.3 Install and overview


ニュース 2014.3.1
Musix 3.0 日本語版



 Musixは音楽関係に特化したディストリビューション.
同じようなものにUbuntuStudio, AVLinux, ArtistXがありますが、Musixはオーディオ専用で、グラフィック、ビデオ関係
は含まないところが違います.(正確には少量含んでいます)
DebianベースでデスクトップはLXDE.
用途によってスクリーンアイコンが切り替わるちょっとユニークなUIを持っています.
ローレイテンシーのカーネルを使用しています.
アルゼンチン製

ホーム

注意)
ライブ起動時のログインIDは"user"、パスワードは"live"です.
HDDへのインストールはブートメニューから選択します.


MakuluLinux XFCE 5.0 日本語版



 MakuluLinuxは南アフリカ産のディストリビューション.
DebianベースでデスクトップはXfce.
Compiz,Emeraldを使ってデスクトップを装飾し、やたら高機能な壁紙チャンジャーを装備しているところなど
見た目重視の姿勢はVoyagerを彷彿させます.
ダークテーマを採用し、童話的というかRPGの世界のような雰囲気のデスクトップはクールです.
アプリケーションは完備し、動作はまあまあ軽快です.
デスクトップには毎回異なった名言が表示されます.

ホーム
MakuluLinux XFCE 5.0 Teaser (音量注意!)

注意)
ライブ起動時のログインIDは"makulu",パスワードも"makulu".
起動時はnumlockがonになっています.
"makulu"とはズール語"Ma-cool-loo"で"big Chief"(大酋長?)の意味です.


ニュース 2014.2.8
Chakra 2014.02 "Curie" 日本語版



 Chakraの今年の新バージョン 2014.02 "Curie" です.
KDEが4.12.1になっています.
ChakraはArch linuxベースのディストリ.
KDEデスクトップに特化しています.

ホーム
Chakra GNU/Linux 2014.02 Install and overview | a powerful chakra [HD]


ニュース 2014.2.2
ZorinOS 8 Core 日本語版



 ZorinOS 8 はUbuntu 13.10ベースになりました.
今回はZorinOS coreの64ビット版を紹介します.

Zorin Os 8 Core Final Full Review

(注意)
HDにインストールして初めてログインするとき、ユーザーが選択されていません.
ユーザー名がログイン画面に表示されていませんが、ゲストセッションを選択すると
ユーザー名が表示されるのでそこでユーザーを選択してください.


ニュース 2014.2.1
SolyXK 201401 日本語版



 SolydXKはLMDE(Linux Min Debian Edtion)開発チームからXFCEエデイィションとKDEエディションを開発した
メンバーが別れて新たに名前を付けて公開しているディストリビューションです.
今回はXfce,KDEエディションの64ビット版を紹介します.

ホーム


ニュース 2014.1.8
Manjaro 0.88 Cinnamon 日本語版
Manjaro 0.88 Mate 日本語版
Manjaro 0.88 Gnome 日本語版



 Manjaro 0.88のCinnamon/Mate/Gnomeの各版です.
この中ではCinnamon版の完成度が高い気がします. おすすめです.


ニュース 2014.1.3
Canaima 4.0 日本語版



 Canaimaについてはこちらを参照.
4.0はGNOME3になりましたが、GNOME2風にカスタマイズしてあり、前バージョンとの操作性の違いを
少なくしようとする意図がみえます.
ただしGNOME-ClassicではなくどちらかというとCinnamon風のデスクトップになっています.
メニューもMintメニューに似たものを使用しています.


ニュース 2013.12.30
Parsix 5.0r1 日本語版



 Parsixはイラン製のディストリビューション.
Debianをベースとしています.
このディストロは昔からGNOMEデスクトップを採用していますが、5.0はGNOME3の標準的なデスクトップとなっています.
従来からGNOMEのわりに動作が軽快でアプリも豊富という特徴がありましたが、現在はそれほどではありません.


ニュース 2013.12.27
KaOS 2013.12 日本語版



 KaOSはArchlinuxベースのうちでもChakraの影響を受けたデッィストリビューション.
ChakraのようにKDEデスクトップをフィーチャーし、64ビット版のみをサポートします.
品質を高めるためにarchやchakraよりパッケージを絞りこんでいます.
日本語化にあたって日本語パッケージがないのでChakraから流用しました.

ホーム
KaOS 2013.11


ニュース 2013.12.24
Korora 20 GNOME 日本語版



 KororaはFedoraベースのディストリビューション.
Korora 20はFedora 20をベースとしていますが、バージョン3.10.2.1の最新版のGNOMEを搭載しており、
洗練されたデスクトップは完成度が非常に高いです.
GNOMEと統合されたIBUS 1.5はさすがに他の環境のような不具合はありません.
KororaはFedoraとの互換性を売りにしていますが、Fedoraとの違いは、アプリ
が追加してあること、flashやコーデック類が最初から入っていることなどです.
この日本語版はibus-mozcとtakaoフォントを付け加えてありますが、最初からIMと日本語フォントが
入っていてオリジナルのままでも日本語環境で使用できます.
KororaにはGNOMEのほかにKDE,MATE,Xfce,Cinnamonの各エディションがあります.


ホーム


ニュース 2013.12.24
Sabayon 14.01 KDE 日本語版



 久しぶりの新バージョンです.
Sabayonはgentooベースのディストリビューション.
gentooはソースからこつこつと自分のPCに合ったシステムと環境を作り上げていく
ディストロですが、sabayonは最初から完成したデスクトップ環境を提供します.
ある意味archlinuxとmanjaroの関係に似ています.
gentooはportageというソースベースのパッケージ管理システムを採用していますが、
sabayonはそれをラッピングしたentoropy(エントロピー)というパッケージ管理システムを使用しています.
entoropyは内部でportageを使っているので基本的に同じものです.
Sabayonが初めて登場してきたときそのデスクトップの豪華さに目を引かれましたが、
現在のバージョンは平凡なものです.
結局このディストロの特徴はgentooのパッケージ管理システムが使えるのとローリングリリースに
あるような気がします.
SabayonにはKDE, GNOME, Xfce, E17など各エディションがあります.

注意)ライブ起動するときはブートメニューで"language selection"に日本語を選択してください.


ニュース 2013.12.22
Chakra Linux 日本語版



 ChakraはArchlinuxベースのディストリビューション.
最近のディストリビューションは多くのデスクトップ環境をサポートするものが多くなりました.
そんな中でChakraはひたすらKDEデスクトップ環境に特化してしています.

Linux distribution specially made for the award winning KDE Software Compilation and the beautiful Plasma desktop.

とあるようにKDEになみなみならないこだわりを持っています.
Manjaroのようにグラフィックインストーラーを装備してユーザーフレンドリーな仕上がりになっています.

ホーム
Chakra Linux 2013.02 Review Excellent Release.mkv


ニュース 2013.12.21
Manjaro KDE 0.8.8 日本語版



 Manjaro linuxのKDEエディションです.
デスクトップはかなり作りこんでいてメニュー表示の3D効果が楽しいです.
Archlinuxでここまでできるというarchのカスタマイズに凝っている人のよい見本になります.
ただし快適に動かすにはメモリーは2G以上を必要とします.
紹介したのは64ビットバージョン


ニュース 2013.12.18
Bridge Linux 201306 日本語版



 Bridge LinuxはArch Linuxベースのディストロです.
Bridge linuxにはGnome, KDE, LXDE, Xfceの各エディションがありますが、
今回紹介するのは一番軽快なLXDEエディションです.
Bridge Linuxは素のArchLinuxにDEとアプリを加えたものとして標準的なものです.
ArchLinuxの最初の難関のテキストベースのインストラーにBridge Linuxで慣れておく
のに丁度いいです.

ホーム
Bridge Linux 2013.6....Under The Arch..!!


ニュース 2013.12.17
Archbang 2013.12.05 日本語版



 Archbangは名前からわかるようにArchlinuxベースのディストロです.
ここでもすでに紹介しているCrunchbangから名前を取っています.
Crunchbangのようにsuperキーを使ったホットキーによる操作を踏襲しています.
Manjaroに比べるとオリジナルのArchlinuxにより近いものとなっています.
たとえばテキストベースのインストーラーなどに表れています.
Openboxを使ったデスクトップはホットキーに小気味よく反応する軽快な操作性を
実現しています.

ホーム

(注意)
 ライブUSBで起動するときは、USBにラベル名"ARCHBANG"を付けてください.
ラベル名はgpartedで付けることができます.
 パッケージをインストールする前にパッケージの署名用キーの設定を行ってください.
ターミナルを開いて次のコマンドを入力します(最初のコマンドは時間がかかります)
sudo pacman-key --init
sudo pacman-key --populate archlinux


ニュース 2013.12.16
Manjaro Openbox 0.8.8 日本語版



 デスクトップにOpenboxを使ったエディションです.
低スペックなPCに適しています.

Manjaro Linux 0.8.8 Openbox - Demo

ニュース 2013.12.10
Manjaro Xfce 0.8.8 日本語版



 ManjaroはArchLinuxベースのディストロです.
ArchLinuxから派生したディストロでは一番の人気を誇ります.
ArchLinuxはプリミティブなディストロですが、十分強力なパッケージ管理システム(pacman)と
柔軟性の高いソースからのビルドシステム(abs)を備えており、最近人気が高まっています.
なにもかもブラックボックスにして自動化するのでなく、ユーザーが設定ファイルを
直接編集して最適にシステムを調整する余地を多く残しています.
たとえばIMをインストールしても環境変数XMODIFIERS,GTK_IM_MODULEなどの設定はユーザーが
行わなければなりません.
従ってユーザーがコマンド操作する機会が多くなります.
ユーザーが設定することを想定しているのでドキュメント類がとても充実しています.
自分でシステムをいじりたい派やLinuxを理解したいユーザーには最適なディストロです.
しかし手っ取り早く使いたいユーザーには面倒くさいディストロです.

ManjaroはArchLinuxの入門・普及版
 ManjaroはArchLinuxのリポジトリではなく独自のリポジトリを持ってます.
これにはArchLinuxのパッケージをテストして十分安定しているものだけを加えています.
debianでいえばstableに該当するといえます. Manjaroは安定指向のディストリです.
 ManjaroはGUI操作を多くし、ユーザーができるだけコマンドを使わないように配慮しています.
たとえば、GUIのインストーラーやパッケージマネージャー、アップデートマネージャーが用意されています.
これらはManjaro チームが開発したものです.
ArchLinuxのなにかと一般ユーザーには敷居の高い点を解消しているところが人気の秘密です.
ユーザーがArchLinuxに初めて触れるのにManjaroは向いています.
ArchLinuxから受け継いでいるローリングリリースも魅力です.
ManjaroにはXfce版のほかに、KDE,openbox,GNOME,MATE,Cinnamonn,lxde,e17など
多くのエディションが開発されています.
Ubuntuによく似たGUIのインストーラーやディスプレイマネージャーにMDMを使っている ところは
UbuntuやMintの影響がうかがわれます.

ホーム
Manjaro XFCE Review

(注意)
 ライブUSBで起動するときは、USBにラベル名"MJRO_088"を付けてください.
ラベル名はgpartedで付けることができます.

ニュース 2013.12.6
SolydXK 日本語版



 SolydXK(ソリドエックスケー)のXはXfce、KはKDEを表しています.
今回紹介するのはSolydXの方、すなわちXfce版です.
SolydXKはLinuxMintのDebian版(LMDE)のチームからXfce,KDE版を開発していたメンバーが別れて出て、
名前を新たにして公開しているものです.
Xfce版は動作が軽く、シンプルなメニューは使いやすく、すっきりしたデスクトップに仕上がっています.

ホーム
SolydXK 201311 Review


ニュース 2013.11.16
Lubuntu 13.10 非公式日本語 Remix



 Ubuntuファミリーの一員であるLubuntu 13.10です.
デスクトップにLXDEを採用し、Ubuntuファミリーの中でも最軽量なもののひとつです.
LXDEはシンプルなデスクトップですがWattOSなど軽量なデストロの多くが採用しています.

ホーム


ニュース 2013.11.12
GeeXboX 3.1 日本語版



 GeeXboXはPCをマルチメデイア再生専用機に変身させるディストリビューションです.
CDやUSBからライブ起動するとxbmcというマルチメディアセンターが全画面で立ち上がり、
数々のメデイアの再生が可能となります.
サイズが170MB余りなので起動と終了が高速です.

ホーム

注意
GeeXboXには市販DVDの暗号化を解除するライブラリーが含まれているため日本では配布ができません.
そこでオリジナルと日本語版との差分を配布します.

[日本語版の作り方]
まずオリジナルのGeeXboX 3.1(i386)を入手します.
次のページの"GeeXboX iso for i386 - Version 3.1"をダウンロードします.
http://www.geexbox.org/download/

次に差分ツールのxdeltaをインストールします.
debian/ubuntu環境なら、
sudo apt-get install xdelta

差分ファイルのgeexbox-3.1-i386-jp.xdeltaとオリジナルのgeexbox-3.1-i386.isoを同じディレクトリに置きます.

これで準備ができたのでxdeltaコマンドを使って日本語版を作成します.
次のコマンドを入力して日本語版isoファイルを作成します.

xdelta patch geexbox-3.1-i386-jp.xdelta geexbox-3.1-i386.iso geexbox-3.1-i386-jp.iso

"geexbox-3.1-i386-jp.iso"が日本語版isoファイルです.


ニュース 2013.11.9
Pear OS 8 日本語版



 かじられた梨のロゴのPear OSの新版PearOS 8 です.
デスクトップは洗練さに磨きがかかり、ますます某OSに似てきました.
初期のバージョンではGNOME3デスクトップをカスタマイズした感が強かったですが、
今は完全に独自デスクトップとして完成し、GNOMEは背後に隠れています.
Ubuntuではあまり使いやすくないグローバルメニューもPearOSでは不思議としっくりした使い心地です.
Ubuntu 13.04ベース.

注意)ライブ起動時はNumLockがオンになっています.

ホーム


ニュース 2013.11.8
Voyager 13.10 日本語版



 Voyager 13.10です.
Voyagerについてはこちらを参照


ニュース 2013.10.21
Ubuntu Studio 13.10 非公式日本語 Remix



 Ubuntu Studio 13.10です.
Ubuntu Studioはマルチメディア系アプリケーションを完備したディストリビューション.
実行遅延を低く抑えたローレイテンシー(Low Latency)カーネル(注)を採用しリアルタイム処理に適したディストリビューションとなっています.
同様のものにAVLinux, Artistxがあります.

注)Ubuntuのリポジトリにはローレイテンシーカーネルが用意されていて、他のディストロでもその恩恵にあずかることができます.
パッケージ"linux-lowlatency"をインストールするだけで関連するパッケージがすべてそろいます.
ローレイテンシーカーネルにすると音の再生が見違えるほど良くなります.
それでもUbuntu Studioの音質には及びませんが・・・


ニュース 2013.10.20
Guatemala Linux 13.10



 ubuntu 13.10ベースのGuatemala Linux 13.10です
natureOSと同じくIMにfcitxを採用しています.
注意)HDDへインストールにはシステムメニューにある[Install Guatemala 13.10]を起動してください.


natureOS 1.1



 Ubuntu 13.10ベースになったnatureOSです.
IMにfcitxを採用しました.
新しいダークテーマ(MediterraneanDark)の使用でよりクールになってます.

注)
オートログインに設定するには/etc/lightdm/lightdm.confを開いて(root権限が必要)、
その中の"#autologin-user=user_name"を"autologin-user=user_name"へ、
user-nameは実際のユーザー名に変更します.


ニュース 2013.10.19
Kubuntu 13.10 非公式日本語 Remix



 Xubuntuに続いてKubuntu 13.10です.

Xubuntu 13.10 非公式日本語 Remix



 Ubuntuに続いてXubuntu 13.10です.

ニュース 2013.10.18
Ubuntu 13.10 非公式日本語 Remix



 Ubuntu 13.10 非公式日本語 Remixです.
今回のバージョンはIMをFcitxに変更しました.(注)
久しぶりにUnityを使ってみて動作がなめらかになりデスクトップとしては完成の域に達したようです.

(注)
ただしIbusもインストールされています.
使用するには、im-configでibusへ切り替えてからログインしなおし、[shift+super+space]で
エンジン(Anthy,Mozc)を選択します.
その後は[半角/全角]キーでon/offを切り替えます.
ただしパネルの表示は変化しないので注意
fcitxのサービスはまだ動作しているので止めるには自動起動サービスの設定でoffにしてください.


ニュース 2013.10.8
SparkyLinux 3.0.2 LXDE/e17 日本語版



 SparkyLinuxは軽量化志向のディストリビューション.
SparkyLinuxには多くのエディションがあります.
LXDE
e17
Openbox/JWM
MATE
Razor-QT
CLI
GameOver
それぞれに32ビット版と64ビット版があります.
以前にはFluxbox, WMakerエディションもあったようですが現在はなくなっています.
ここで紹介するのはやや古いバージョンですがLXDE/e17(enlightenment)エディションです.
SparkyLinuxはdebian 8(jessie)ベースでソフトウェアは最新でアプリはひととりのものが揃っています.

ホーム
Sparkylinux 3.1 Install and overview



ライブCDLinux一覧
Debian LIVE CD 日本語版...Debian最新LIVE CD
Scientific Linux 日本語版...RHELクローン
SLAMPP 日本語版...SLAXベースのサーバー用1CDLinux
tumiX 日本語版...多彩なWMが使えるペルー産ライブCDLinux
Ubuntu 非公式日本語 Remix..もっとも普及しているディストリビューション
Kanotix 日本語版...最新のKnoppix
MEPIS 日本語版...安定したディストリビューション
INSERT 日本語版...緊急用
Knoppix 日本語版...定番
Slax 日本語版...slackwareベース
Damn small linux 日本語版...小さくて軽い

Musix 日本語版...オーディオに特化したディストリビューション
MakuluLinux 日本語版...デスクトップが独特の雰囲気をもつクールなディストリビューション
KaOS 日本語版...Chakraの影響を受けたKDEディストリビューション
Korora 日本語版...Fedoraベースの高機能なディストリビューション
Chakra 日本語版...ArchLinuxベースのKDEをフィーチャーしたディストリビューション
Bridge linux 日本語版...ArchLinuxベースの標準的ディストリビューション
Archbang 日本語版...ArchLinuxベースのCrunchbang風ディストリビューション
Manjaro 日本語版...ArchLinuxの普及版ディストリビューション
SolydXK 日本語版...LMDEのxfce,kdeバージョン
GeeXboX 日本語版...PCをマルチメディアプレイヤーに変身させるディストリビューション
SparkyLinux 日本語版...軽量ながらもアプリも完備したディストリビューション
natureOS...理想の操作性を追求したディストリビューション
Voyager 日本語版...壁紙に凝ったディストリビューション
Elementary OS 日本語版...シンプルですっきりしたデスクトップをもつディストリビューション
Ubuntu studio 非公式日本語 Remix...マルチメデイア系アプリを搭載したUbuntu
Snowlinux 日本語版...オーソドックスな作りのディストリビューション
OS4 日本語版-->...Xubuntuをベースとした軽快なディストリビューション
Canaima Linux 日本語版...Gnomeデスクトップのベネズエラ政府御用達の軽快なディストリビューション
Qimo for kids 日本語版...子供用のディストリビューション
Guatemala Linux...操作性のよいKDEディストリビューション
Zorin OS 日本語版...WindowsユーザーがLinuxの入門に最適なディストリビューション
Basix...Myディストリビューションを作成するためのディストリビューション
Peppermint OS 日本語版...ローカルアプリとクラウドアプリのハイブリッドディストリビューション
HomerOS...最新デスクトップ(Unity,Gnome-shell,Cinammon,Mate)を装備したディストリビューション
Kona Linux...WindOS派生のLXDEデスクトップの軽快なディストリビューション
Linux Bean...Ubuntuベースで軽快さを追求したディストリビューション
WindOS...CDやUSBに入れて持ち歩く携帯ディストリビューション
Pear Linux 日本語版...OSX風デスクトップのディストリビューション
P@xtreme 日本語版...高速なウィンドウマネージャーPekwmを搭載した軽量ディストリビューション
WattOS 日本語版...省電力で軽量なディストリビューション
AVLinux 日本語版...Audio & Vitual用のアプリを満載したディストリビューション
Pinguy OS 日本語版...Ubuntuベースの機能豊富で使いやすいディストリビューション
Bodhi Linux 日本語版...Ubuntuベースの軽量ディストリビューション
CrunchBang 日本語版...キーボード操作に特化した軽量ディストリビューション
Leyeos...EyeOSのサーバーディストリビューション
Jolicloud 日本語版...ネットブック用のクラウドディストリビューション
Ultimate Edition 日本語版..Ubuntuのアプリ満載版
Sabayon 日本語版...Gentooベースの高機能なディストリビューション.
ArtistX 日本語版...アーティストのためのディストリビューション.
Parsix 日本語版...イラン製のディストリビューション.
CentOS 日本語版...RHELクローンの1CDLinux
Dreamlinux 日本語版...OSX風の軽量ライブCD
Elive 日本語版...ウィンドウマネージャーEnlightenmentを使った先進的なライブCD
PCLinuxOS 日本語版...Mandrivaベース

lineline

Debian LiveDVD 7.0.0 日本語版
GNOME版  md5
KDE版  md5
GNOMEデスクトップ
 Debianの最新版wheezyのライブDVDの日本語版です.
デスクトップ用途を考えたライブDVDであり、標準的なアプリをバランスよく含んでいて
ライブ起動するだけ十分使用に耐えます.
全体的にシンプルで標準的な作りなので、DebianベースのライブCDを作成するときの元とするのに最適です.

関連サイト:
Debian Live Project


Scientific Linux 6.5 日本語版  md5
デスクトップ
  Scientific Linuxは、RHEL(Red Hat Enterprise Linux)のクローンLinuxです.
同じようなものとして、White Box, CentOS, Lineox, Taoがありますが、いずれもRed Hat社のエンタープライズ向けの
製品(RHEL:Red Hat Enterprise Linux)のオープン・ソースコードをリコンパイルし、Red Hat社が権利を所有する
商標やロゴなどを削除したディストリビューションです.
"Scientific" という変わった名前が付いていますが、由来は、フェルミ国立加速器研究所(Fermi National Accelerator
Laboratory)と欧州原子核共同研究所(CERN)の両素粒子物理学研究所がLinuxクラスターを構築する必要に迫られて
開発したものです. 最初はHEPL (High Energy Physics Linux)と呼んでいたようですが、その後Fermi Linuxという名で各国
の研究機関や大学施設で利用されてきました. バージョン3.0.1の公開に当たって、現在の名前(Scientific Linux)に改名さ
れました. 研究機関・大学で使用されてきたといっても、中身はRHELそのものであり、実績のあるRHELのパッケージを
使用しているので、安定した動作とスムーズなアプリケーションの実行を実現しています.
ここで日本語化したのはそのライブCD版です.

ホーム:https://www.scientificlinux.org/
関連1CDLinux:Tao, CentOS

SLAMPP Lite 2.0 日本語版  md5
デスクトップ
  SLAMPPは、サーバー環境を完備した1CDLinuxです.
手軽にホームサーバーを立ち上げるときに最適です. また、デスクトップ用のソフトも装備しているので、
クライアントとしても使用できます. SLAXをベースとしているのでSLAXのモジュールによる機能の追加も容易です.

SLAMPPの装備しているソフトウェア
[サーバーソフト]
HTTP:Apache 1.3.34
FTP: ProFTPd, GProFTPD (GUI), vsftpd
SMTP: Sendmail 8.13.4
POP/IMAP: Dovecot 0.99.14
DHCP: server and client 3.0.3, GCDHCPD (GUI)C
DNS: BIND 9.3.1
Proxy: Squid 2.5-Stable11, sarg
SSH: OpenSSH 4.2
ファイル:Samba 3.020
データベース:MySQL 4.1.14
Firewall: Firehol / Linux Firewall / Firestarter
P2P: BitTorrent 4.1.7, tracker and client
[サーバー管理]
Webmin 1.240 / Usermin 1.170 / Virtualmin 2.608
[開発言語]
PHP 4.4.1, Perl 5.8.7, Python 2.4.1
[ネットワークアプリケーション]
Cacti, Nagios, Ethereal, NMAP, Snort, gFTP, Webalizer. ntop, Monarch, Nessus, chkrootkit,
rkhunter, honeyd, oinkmaster, TightVNC, rdesktop
[デスクトップ]
Network: Mozilla Firefox 1.5, Lynx, Pine, Sylpheed, Gaim
Graphics: Blender 2.37, The GIMP 2.2.8, Inkscape 0.42.2, QView, Scribus 1.3.1
Office: Abiword 2.2.9, Gnumeric 1.4.3, Xpdf
Multimedia: Beep Media Player 0.9.7, VLC Video Player 0.8.2, Audacity 1.2.3
Utilities: BashBurn 1.6, Dufie, Htop, PuTTY, CUPS, emelFM2, QTParted 0.4.5, Partimage 0.6.4

ホーム:http://slampp.abangadek.com/info/index.php?page=home

関連1CDLinux:MEPIS SOHO Server, SLAX

tumiX 日本語版  md5
ログイン画面 KDEデスクトップ GNOMEデスクトップ FLUXBOXデスクトップ WMMKERデスクトップ
  tumiXはペルー産のライブCDLinuxです.
ペルーというと貴重な遺跡が豊富な国であり、ディストリビューションのいたるところにその雰囲気が漂うのは興味深い.
たとえば空中都市をバックにしたログイン画面はとてもクールである.
参考:http://www.peru-japan.org/Smachupicchu.html
ライブCDLinuxで観光気分を味わうのも楽しみ方のひとつであるかもしれない(笑い).
余談はさておいて、tumiXはSLAXをベースとしていて、軽快な動作の中にも適度な機能を兼ね備えた
オーソドックスな作りとなっている.
特徴は、多数のウィンドウマネージャーを使用できることである.
使用できるウィンドウマネージャー: KDE, GNOME, WMMAKER, FLUXBOX, TWM
ログインIDとパスワードは、root/somoslibres
ネットワークはIP固定に設定されているので、/etc/rc.d/rc.inet1.confを適当に修正して、"/etc/rc.d/rc.inet1 restart"を実行する.
DHCPのコマンドが入ってないので固定IPでしか使えないことに注意.

ホーム:http://tumix.softwarelibre.org.pe/

Ubuntu 14.04 LTS desktop 非公式日本語 Remix(*1)(*2)  md5
Kubuntu 13.10 desktop 非公式日本語 Remix(*1)  md5
Xubuntu 14.04 desktop 非公式日本語 Remix(*1)(*2)  md5
Lubuntu 14.04 desktop 非公式日本語 Remix(*1)(*3)  md5
Ubuntuデスクトップ 実行中 Kubuntuデスクトップ Xubuntuデスクトップ

(*1)...Unofficial japanese remix
(*2)...64ビット版
(*3)...32ビット版

  UbuntuはDebianの開発者のひとり(Matt Zimmerman)が制作に参加しているディストリビューションです.
ここに紹介したのはそのライブCD版です.
DebianベースですがウィンドウマネージャーにGNOMEを採用し、シンプルで落ち着いたデスクトップを実現しています.
"ubuntu"(ウブントゥ)とはアフリカ語(ズール語)で他人への共感、友愛、思いやりを意味する言葉のようです.
まだ若いディストリビューションで、現在精力的にバージョンアップをくり返しています.
目指すところは、
"The Ubuntu Linux distribution brings the spirit of Ubuntu to the software world."
ということで、
今後の動向に目が離せないディストリビューションでしょう.

 公式な日本語版がすでにあります.
公式な日本語版は日本語化プロジェクトhttp://www.ubuntulinux.jp/を参照してください.

関連記事:Ubuntu試用レポート
ホーム:http://www.ubuntulinux.org/

KANOTIX "Dragonfire" LinuxTag 2013 日本語版  md5
KANOTIX Pro  md5
ブート デスクトップ
  Knoppixから派生したKanotixは最新のカーネルおよびソフトウェアを積極的に取り入れた1CDLinuxです.

注意)KANOTIX proはkanotixのベースが2005版で古いので注意してください.
kanotixの最新はKANOTIX 2013年版です.

ホーム:http://kanotix.com/
関連記事:
japan.linux.com | Linux小規模ディストロ礼賛
次世代Web 2.0対応ブラウザ登場か、Flock 0.4.9 開発者向け公開
関連1CDLinux:
Parsix....Gnome版KANOTIX


MEPIS日本語版
SimplyMEPIS 11  md5
ProMEPIS  md5
MEPIS SoHo Server  md5
MEPIS Lite  md5
  MEPISの日本語版です.
オリジナルのバージョンは
ProMEPIS→2005.b04、SimplyMEPIS→8.5、SoHoServer→3.3.2.test02、MEPIS Lite →3.3.2-1.rc1

MEPISはDebianベースの1CDLinux.
こういうとKnoppixと違いがないようにみえるが、CDベースで使うより、HDへインストールして
本格的に使うDebian-Linuxという風情.
ハードウェアの認識能力はかなり高いようで、最新のカーネルを積極的に取り入れている.
ログインIDとパスワードは、
root/root
demo/demo

SimplyMEPIS 3.3.1-1の日本語版に若干の不具合がありました.障害情報を参照してください.

ホーム:http://www.mepis.org/
関連記事:Debianの末裔対決:MEPIS Linux

INSERT 1.3.6 日本語版  md5
INSERT+ 1.2.18 日本語版 md5
  INSERT 1.2.18を日本語対応にしたもの.
INSERT(Inside Security Rescue Toolkit)は緊急用途に特化した1CDlinux.
ntfs領域の書き込みなどもサポートする救済用のツールを完備している.
詳しくは下記を参照.
ホーム:http://www.insert.cd/

INSERT+(プラス)は日本語版にsambaサーバーとApacheサーバーおよびqtpartedを追加したもの.
sambaサーバーでは/home/insertと/tmpが共有フォルダになっていて外部のWindowsマシンからアクセスできる.
データのバックアップに便利である.
たとえば、復旧しようとしているHDD領域のディレクトリを/tmpディレクトリ内にシンボリックリンクを張ると、
外部のWindowsマシンからそのディレクトリの内容を読出してバックアップすることができる。
sambaのユーザーIDは"insert",パスワードは"insert1218"である.
Apacheのドキュメントルートは/var/www/apache-defaultである。
INSERT+は管理人が作成した.ややサイズが大きくなった(72MB)のは残念である.

Knoppix 日本語版(LCR版)
5.0.1/DVD   md5
5.1.1/CD   md5
5.1.1/CD(高速起動版)  md5
5.1.1/DVD    md5
5.2 CeBIT 2007版(DVD)   md5
6.0.1/CD版   md5
6.4.4/CD版   md5
6.4.4/CD版(スモール版)   md5
6.7.1/CD版   md5
7.0.3/CD版   md5
7.2.0/CD版   md5

7.2.0 デスクトップ
  Knoppixの日本語版です.

 日本語化は、オリジナルを尊重して、含まれてるソフトは削除も追加もしない方針で行いました.
(当初はこういう考えでしたが、最近は積極的に欠けているソフトは補い、日本語入力環境も最新を追い求め、
利便性をとことん追求していく姿勢に変わりました(笑い)
ただしオリジナルがすでに700MBちかくあり、そのままでは日本語環境が入れられないので、
英語、独逸語以外のロケールデータは削除してあります.

関連リンク:
Knoppix本家ホームページ
産総研版Knoppix日本語版

Slax 6.1.1 日本語版  md5
Slax Killbill 5.1.8 日本語版 md5
Slax Server 5.1.8 日本語版  md5
Slax Popcorn 5.1.6 日本語版 md5
Slax deluxe 5.1.8  md5
Slax multilingual 5.1.8  md5
  Slackwareをベースとした1CDlinuxであるSlaxを日本語に対応させたもの
200MBとコンパクトながらウィンドウマネ‐ジャーKDEを採用し、機能は多すぎず少なすぎず、
適度にすっきりとまとめられている.

 スタンダード版は、起動すると自動的にコンソールにログインします. F10キーでFEPをOnにすると日本語入力ができます.
ここからKDEやFluxboxを起動するには、"startx"か"flux"と入力します.
GUIを終了させるとコンソール画面に戻りますが、ctrl-dやexitでは終了しないので、
シャットダウンするなら、"halt"または"shutdown -h now"
リブートするなら、"reboot"または"shutdown -r now"
と入力します.

関連1CDLinux→Stux

関連記事:LiveCDは初級ユーザーに最適
ホーム:http://slax.linux-live.org/

Slax deluxeは管理人が個人的な趣味でモジュールを大幅に追加して機能を高めたオールインワンタイプSLAXです.
追加したモジュール:
Firefox(Webbブラウザ), Thunderbird(メールクライアント), Gaim(チャット),GIMP(グラフィックツール), nvu(HTMLエディタ),
Python(高機能スクリプト言語), Qtparted(パーティションエディタ), Xine(メディアプレイヤー), Kaffeine(メディアプレイヤー),
Amarok(オーディオプレイヤー), make,gcc,ldなどの開発環境, XMMS(オーディオプレイヤー), Azureus(BitTorrentクライアント),
Flock(次世代ブラウザ), V2C(2CHブラウザ), Audacity(オーディオエディタ), Avidemux(ビデオエディタ), Blender(3Dグラフィックツール),
Timidity++(MIDIプレイヤー), OpenOffice2(オフィススイート), Skype(インターネット電話), Inkscape(ベクター型ドローツール),
Gtkpod(iPod楽曲管理ソフト), Streamtuner(インターネットラジオ), VLC(メディアプレイヤー), J2RE(Java実行環境), Picasa(画像管理),
ClamAV(ウィルススキャン), Fontforge(フォント編集)

Slax multilingualは多言語対応したSlaxです.
現在、35種類の言語に対応しています.
IPAのm17n(multilingualization) libraryの成果を一部使っていて、複数言語の混在した文書の作成が可能です.
下記のどの言語モードでも、Control-spaceでScimツールバーを表示して言語を切り替えることができます.
また、それ以外の用途として、出張や旅行で世界各地を巡るときに、multilingual版SLAXを焼いたCD-ROMやUSBを携えて行き、
現地の言語でPCを使用するようなことを想定しています.
参考URL:http://www.m17n.org/m17n-lib-ja/

言語モードはブートオプションで言語名を指定します.
ブートプロンプトの後直接オプションを指定します.
例)
boot:ja .... 日本語で起動
boot:fr .... フランス語で起動
言語名
american(us) ..... 米国英語(省略値)
english(gb) ...... 英国英語
german(de) ....... ドイツ語
french(fr) ....... フランス語
italian(it) ...... イタリア語
spanish(es) ...... スペイン語
portuguese(pt) ... ポルトガル語
greek(el)* ....... ギリシャ語
swedish(sv) ...... スウェーデン語
hebrew(he) ....... ヘブライ語
russian(ru) ...... ロシア語
slovak(sk) ....... スロバキヤ語
seribian(sr) ..... セルビア語
kazahk(kk)* ...... カザフ語
japanese(ja)* .... 日本語
chinese(cn)* ..... 中国語(簡体字)
taiwan(tw)* ...... 中国語(繁体字)
korean(ko)* ...... 韓国語(ハングル)
hindi(hi) ........ ヒンディー(ヒンズー)語
tamil(ta)* ....... タミル語
vietnamese(vi) ... ベトナム語
arabian(ar)* ..... アラビア語
bengal(bn) ....... ベンガル語
bulgalian(bg) .... ブルガリア語
danish(da) ....... デンマーク語
dutch(nl) ........ オランダ語
persian(fa) ...... ペルシャ(ファールスィー)語
tarkish(tr) ...... トルコ語
polish(pl) ....... ポーランド語
finnish(fi) ...... フィンランド語
norwegian(nb) .... ノルウェー語(Bokmaal)
hungarian(hu) ..... ハンガリー語
mongolian(mn) .... モfンゴル語
panjabi(pa) ....... パンジャブ語
czech(cs) ......... チェコ語

*印の付いた言語はcontrol+spaceでFEP(Scim)をONにして入力します.
通常は該当言語に切り替わっていますが、場合によってはツールバーから言語を選択することもあります.

言語名の後に"autoexec"オプションを付けると直接KDEやFluxboxを起動することができます.
autoexec={startx|flux|console}
startx:kdeを起動する flux:fluxboxを起動する console:コンソールを起動する
boot:ja autoexec=startx

multilingual版で新しく追加したオプション
multilingual化のために新しくオプションを追加しました.
lang...言語オプション
言語と国と文字コードを指定する.
lang=[lang]_[country].[charset]
例 lang=el_GR.UTF-8 .... ギリシャ語、ギリシャ、UTF8コード
    lang=hi_IN.UTF-8 .... ヒンディー語、インド、UTF8コード
keyboard...キーボードオプション
キーボードを指定する.
keyboard=[layout].[model]
例 keyboard=jp.jp106
tz.....タイムゾーンオプション
タイムゾーンを指定する.
tz=[area]/[city]
例 tz=Asia/Tokyo

"japanese"では下記のように指定されています.
lang=ja_JP.UTF-8 keyboard=jp.jp106 tz=Asia/Tokyo

【SLAX日本語化キット】
SLAX日本語化キットは5.0.6日本語版の作成にも使用したSLAX5を簡単に日本語版に変換する日本語化キットです.
SLAXのバリエーションのKillbillの日本語化に使用できます.またSLAX5をベースとする1CDLinuxにも適用できます.
実際にWHAXに適用して成功したことを確認しています.
注意:日本語化キットはpopcornエディションには適用できません

日本語化キットの実現する日本語環境
[SLAX 5.1.8]
入力メソッド:scim
変換エンジン:anthy
辞書管理:kasumi
手書き入力:tomoe
日本語フォント:M+IPA-Monaフォント
2chブラウザ:JD

[SLAX 5.1.6-7]
入力メソッド:scim
変換エンジン:anthy
辞書管理:kasumi
手書き入力:tomoe
日本語フォント:IPAモナフォント
2chブラウザ:おちゅ〜しゃ

[SLAX5]
入力メソッド:uim
変換エンジン:anthy
日本語フォント:IPAモナフォント
2chブラウザ:おちゅ〜しゃ

Slax 5.1.8用 日本語化キット
Slax 5.1.7用 日本語化キット
Slax 5.1.6用 日本語化キット
Slax5 日本語化キット

日本語化キットインストール方法

【SLAX5用モジュール】
SLAXはモジュールの追加・削除によって機能のカスタマイズが容易に行えるようになっています.
管理人がSLAX5用に作成したモジュールを紹介します.
Firefox 1.0.6日本語版
Firefox 1.5.0.4日本語版
Thunderbird 1.0.2日本語版
Thunderbird 1.5.0.4日本語版
おちゅ〜しゃ V0.5.8.2-3
Kita V0.177.3
Sylpheed 2
Timidity++(MIDIプレイヤー)
OpenOffice-2 日本語版
OpenOffice 2.0.2 日本語版
OpenOffice 2.0.3 日本語版
V2C(2CHブラウザ)(20060610)...ただし実行にはJavaランタイムが必要、SLAX本家にモジュールがある.
JD (2ch ブラウザ)(1.7.0-060927)
NVU日本語版(HTML編集)

本家のモジュールのページ
本家にも多くのモジュールが公開されています.必要なものを取ってきて自分用のSLAXを作ってみましょう

モジュールのインストール方法

Damn small Linux 4.4 日本語版  md5
Damn small Linux 3.3 Customize  md5
Damn small Linux 3.1 Pro  md5
DSL-N 01-RC4 日本語版  md5
  小さくて軽いDamnsmall Linuxを日本語が使えるようにしたもの.
 Damn Small Linux(DSL)はKnoppixをベースに極限までサイズを縮小したディストリビューション
ウィンドウマネージャーにはfluxboxを採用していて非常に動作が軽い.
最低限のアプリケーションは揃っているので、非力なマシンでミニデスクトップ環境として使うには適している.

[アプリケーションの追加について注意点]
DSLはapt-getによってアプリケーションの追加・削除ができますが、apt-getの中でfindやsedなどのコマンド
を使うとエラーを起こすことがあります.
これはDSLがBusyboxを使っているため、基本的なコマンドがBusyboxの内部コマンドとして実行しているためです.
Busyboxのコマンドは標準コマンドのサブセットであり、挙動が違うことから起こります.
日本語版ではfind,sedなどいくつかは標準コマンドに置き換えていますが、一部に過ぎません.
"ls -l /usr/bin|grep busybox" して表示されるコマンドはBusyboxの内部コマンドに当たります.
HDインストール後はそれらのコマンドは標準コマンドに置き換えた方がいいでしょう.
メニューの[アプリケーション]-[ツールス]にある[GNU Utilsアップグレード]を実行すると標準コマンドに置き換えます.
HDインストール後に実行しておくことをお薦めします.

以上はバージョン3までの話しであり、バージョン4.0ではすでに[GNU Utilsアップグレード]は実行済みです.


ホーム:http://damnsmalllinux.org/
関連記事:
小さくなったLinuxの使い比べ:LNX-BBCとDamnSmall Linux
DSL Linux: 小さな distro に詰められた大きな威力
Damn Small Linuxをペンドライブにインストールしてパラダイス気分